新着記事

2006年06月13日

『TRICK−劇場版2−』初日舞台挨拶

 

ここは東京メトロ東西線妙典駅から徒歩15分。
江戸川の土手であります。
雨で道が濡れてますが、晴れてるとこんな感じ・・・

 

 

『TRICK新作スペシャル』のラストシーンのロケは、
江戸川の土手で行われました。
奥の青い橋が東西線。

奈緒子の背後に立ってるポールの所に、
次郎号を川原に下ろせる道があります。
そのすぐ後ろにロケ車を停めておける大きな駐車場。
なかなか好条件なロケ地ですね。
よくこういう場所を探し出せるもんだと感心すること小1時間・・・

 

てな感じで、初日舞台挨拶を観覧した後は、
TRICKの聖地に寄ってトリックワールドを満喫した1日となりました。

という訳で皆様、『TRICK−劇場版2−』 はもうご覧になりましたか〜?

ハ〜イ!

皆さん、既にご覧になったということで、
あと最低4回は観に行きましょう!
そして最低でも5人のお友達に宣伝しましょう!
というより、強制的に観に行かせましょう!(コラッ!)

皆でベストを尽くせば、大ヒット御礼の舞台挨拶があるかもよ!

(カメが友達の私は、どうベストを尽くせばいいんでしょ???)

 

 

・・・あっ!これで終わらせようとしちゃった・・・(汗)

 

『TRICK−劇場版2−』初日舞台挨拶のレポをゆる〜く・・・・・

 

2006年6月10日前夜、興奮しすぎて眠れない私は、
とにかく興奮を冷ますためイメージトレーニングをしようと思い立ちます。

「ONE MORE CHANCE!」の2002年11月9日の日記

ハイ、ミラクル次郎さんがUPした前作『TRICK劇場版』の
初日舞台挨拶のレポです。

こちらを拝読しながら、心を落ち着かせる・・・

・・・と思ったらなんか余計、興奮してきたぞ〜!

 

・・・・・逆効果じゃん!!!

 

とか、してるうちに夜が明ける。


 おかしなテンションなまま、現地に着いたのは8時半頃。
9時35分開映の1時間前である。
ここはTOHOシネマズ六本木ヒルズ
入口前には既に黒山の人だかりが出来ている。
そのうちの一部の人たちが列を為す。
既に私の手元にあるチケットは指定券。
特に並ぶ必要はないので、人ごみから離れた場所で待機する。

9時の開館とともに、人がドッと館内になだれ込む。
ちょっと時間を置いて落ち着いてから入館。
まずはショップでパンフレットを買っていると、
横の陳列台にまたも人だかりを発見!

近づこうとするも、セール品に群がるおば様方のような
その勢いに一瞬たじろぐ。
そこから出てきた一人の女性の手に握られていた戦利品。

おーっ!

それはまさしくトリックグッズ
これは私も手に入れねば・・・・・と思いきや、
あいにくあの集団に入っていく勇気はない。

いいや・・・終わってからで。

あっさり諦め、会場に向かう。
私って、なんて小心者な・・・・・じゃなかった、
なんてイサギいいんでしょ・・・潔さは日本人の美徳です!
と自分を納得させつつ(笑)

この映画館最大600の座席数を誇るSCREEN7に入り、
自分の席に着く。
スクリーンに向かって一番左の通路側という席だが、
映画を観るには悪くない。
スクリーン下のステージ上に白のバミリテープ発見!
確認に向かう。
それは計7枚。
スクリーンに向かって左から、
平岡・堀北・片平・仲間・阿部・野際・堤
と、それぞれ苗字だけ書いてある。

「生瀬」のバミリがない。
ヅラの調子が悪かったんだろうと勝手に納得しつつ、
「仲間」のバミリの真ん前の席に座ってみる。
8.4×20.2mのバカでかいスクリーンが目前に迫る。
絶対に映画鑑賞する席ではない!
が、仲間由紀恵さんがすぐそこに立つと思うと・・・・・(妄想中)


アブナイアブナイ・・・ヘンなこと妄想しちゃった・・・(=゚ω゚)


一番後ろに回って、しばし人間ウォッチング。
ちっちゃい子連れの若夫婦とか家族連れなんて光景は微塵もなく、
若い女性のグループ、たまにカップルらしき2人・・・

・・・なんだ???

私の前を一人の男が何かブツブツ言いながら通り過ぎる。

テルキナか・・・

後ろ姿がテルキナそっくりである。
怪しすぎる・・・
とりあえず堀北真希ちゃんのファンということにしておく(笑)

2時間ドラマのファンであろう オバさま方は片平なぎささん目当て。
ちょっとお年を召されたおじさま方は野際さん目当てだな・・・

あとは・・・・・・

テルキナみたいな男、テルキナみたいな男、テルキナ・・・・
テルキナ、テルキナ・・・・・

おーーーーー!皆テルキナに見えてきたぞ〜!(ゴルァー!)

 

失礼しました m(_ _)m

 

トリヲタと思しき方々が当然に多数来場されてます。

やっと上映された『TRICK−劇場版2−』は、
試写会に続いて2度目の鑑賞。

いつものように始まり、いつものように終わる、いつものトリック。
吉●三から悪魔の●とかハ●太郎に至るまで
老若男女にウけるネタを満載した期待通りのトリック。
裏切りません!

6年ぶりに披露した仲間さんのアレの時の
場内の好リアクションにはちょっとおビックリ!

仲間ファンって静かだけど、結構いらっしゃるのね(笑)
見くびってました。ゴメンなさい、仲間さん・・・(苦笑)

 

上映が終わり会場が明るくなると、プレスの方々がぞろぞろ入ってくる。
そして私の隣で寝てた人も 寝てた人も 寝てた人も
やおら起き出して来る・・・(ネルナ!)

お待ちかねの舞台挨拶である。
ここからはワタクシのミラクル記憶術(携帯可能)
によって、 ベストを尽くしに尽くして舞台挨拶の模様をレポートしま〜す(笑)

 

・・・えっ!それって「ONE MORE CHANCE!」のパクリじゃないかって?

いやいや、ナニ言ってるんですか。
これはオマージュです。
あっ!どこぞの洋画家みたいなこと言っちゃった・・・

え〜、つまり リスペクトですね(汗)
ミラクル次郎さんに訴えられませんように・・・・・(冷汗)

え〜と・・・まずは・・・

・・・・・ヨッコイ庄一

あっ、ヨッコイ庄一って言っちゃった・・・

え〜・・・あらら、どうでもいいこと言ってる間にもうこんな時間、寝なきゃ!
という訳で、スミマセン。続きはまた改めてという事で。

 

どろ〜ん!(ヲイッ!)

 

(続き)

 

 



posted by うなるコルト at 01:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画「トリック 劇場版2」堤幸彦/監督
Excerpt:  映画「トリック 劇場版2」観てきました。  今日は昼過ぎまで仕事だったので3時前の回でしたが、よく入っていました。ほぼ満員という感じでした。  出演は、レギュラーメンバーの仲間由紀恵、阿部寛、野..
Weblog: スチャラカランナーの日々
Tracked: 2006-06-13 08:19

TRICK−劇場版2− 初日舞台挨拶 その2
Excerpt: 舞台といっても、最前列のフロアから、約30cmほど高くなっているだけの場所ですが、 その中央付近に、出演者の立ち位置を示した、<b><font style=background-color:#ffffff>白いガムテープ</font></b>が、貼ってありました。 そして、そのテープには、スク..
Weblog: アゴさんの独り言
Tracked: 2006-06-14 00:15

パロディ満載?「トリック 劇場版 2」
Excerpt: 「明日の記憶」大ヒット中の 堤 幸彦監督の「トリック 劇場版 2」を観てきました! 「トリック」新シリーズ?というぐらい はちゃめちゃにやってくれました。 監督が喜んでいるのか 出演者が喜んでいる..
Weblog: bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ
Tracked: 2006-06-19 01:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。